Category Image  1年をふりかえって


 

 今年の主な仕事は、5月に出た「王さまのくびかざり」と、12月の「うおいちば」、それから秋の個展でした。

本当はもう1〜2冊、今年中に出したかったのですが…1冊は今大詰めで、発売は来年3月になりそうです。内容はお楽しみ。

仕事ではないのですが、6月のBLUE BOOK GROUP展は自分にとってよい刺激になりました。新しい友人を得られたことも、私にとっては大きなことでした。

今年の仕事では「うおいちば」の原画制作中、念願である仕事の能率アップの練習がよくできたと思いますが、外からのプレッシャーがないとまたのんびりペースに逆戻りしてしまうことが分かって、がっかり。そこで来年の目標は「1日の仕事量を増やすこと」にしようと思っています。今から、体調管理の本など読んで試験運転中。なかなか思うようには行きませんが、あきらめずにトライしようと思います。1日の仕事量をアップするなんていわずに、やることを絞れば良いのかな…とも思うのですが、まずはトライしてみて、ダメだったら再検討しよう、という感じです。

一方で、自分にとって、「外を見る」ことが作品づくりに必要だ、とあらためて感じています。来年、再来年はかなり厳しいスケジュールなのですが、合間をぬって「見ること」や取材に精を出すようにしよう!と思っています。

ニュースとしてはやはり、「トマトさん」が非常に人気を得たこと!作も絵も自分で手がけた絵本が売れてくれると、伝わっているんだなあということが余計に嬉しく感じられます。もちろん、「ねえだっこして」もコンスタントに読者の手に届いてくれているようで、こちらもよく感想を頂きます。


先日、ある方から「がんばってるね」と言っていただき、嬉しかったことがありました。「がんばる」というのはネガティブな言葉だと思い込んでいたので、「あなたはがんばってる」と言ってもらえるとは思っていませんでした。その方は画家さんで、ご自身もきっとしっかりと生きてきたなかで、他の人を励ます余裕をわけてくださったのだと、私はとても嬉しくなったのです。

常にがんばるというのは良い面も悪い面もあると思いますが、充実して過ごせるのならば良いかな…と思いました。


Posted: Wednesday - December 31, 2008 at 09:36 AM